引越しすることが趣味という人は、実は結構多いものです。更新時期が来る度に引っ越すのだそうで、そのために普段から荷物はあんまり持たないようにしているのだとか。

そういう人にとってもそうでない人にとっても、引越しは多額の現金が必要になるイベントです。家賃だけでなく、敷金、礼金、仲介手数料、前家賃、引越し業者の支払いなど、多くの費用がかかります。そして、その割にはクレジットカード払いに対応している大家さんは稀だからです。

そんな引越しも、使途が自由な多目的ローンを持っていれば乗り切れるものです。

引越しは多額の現金が必要になることは上でも述べました。多目的ローンで凌ぐのも一つの手です。ですが、引越し時期を工夫することで費用を大幅に減らせます。多目的ローンを利用するなら借り入れも少なくて済みます。

新学期が始まるのが4月。そのため、3月は引越し業者にとって最繁忙期になります。会社員の配置転換がある4月も引越しが多い時期です。業者は繁忙期になると臨時雇用で増員して対応するため、代金は閑散期の2倍程度かかる場合もあります。

賃貸の更新時期は通常2年です。繁忙期に入居した場合、2年後の繁忙期に更新ということになります。そのサイクルを断ち切るために、2~3ヶ月早めに退去するのです。次回以降の更新が閑散期に来るように、サイクルを変化させるというわけです。

その場合は、最初の引越し代金を貯める期間は短くなりますので、多目的ローンで一時的にしのぐという手があります。また、引越し業者の中にはクレジットカードが利用できる業者もありますので、利用を検討してもよいでしょう。

引越し代金を安くするため、今まで使っていたものを売り払ってから退去するという手もあります。そして移転先で新たに物品を揃えるわけです。生活を一新できて、常に新鮮な気分を味わえます。ですが、物品購入にもお金が必要ですから、ここでも多目的ローンが活躍します。

家財道具の売買は、ネットオークションなど売買できる環境が整っているので手間なしです。営業許可の要らないガレージセールも活用出来ます。

新しく家財を揃える時は、極力、多目的ローンよりもポイントが付与されるクレジットカードを利用した方がよいでしょう。

多目的ローンは、どんどん金利の低い商品が出てきました。借り入れが無い時期には金利の低いローンに申し込んでおく事もしたいものです。


車検が迫っているのにお金がない時はローンよりもキャッシングを! クルマの維持で一番大変なのが車検。費用も高額な上、時期を忘れがちで突然通知が来るのでお金を工面するのも大変ですよね。クレジットローン対応の業者もいますが、まだまだ少ないですし。そんな時はキャッシングが便利なのです。

低金利ローンはクレジットカードよりもすごい! 銀行や信用金庫も相次いで参戦し、どんどん新しい商品が出てきているカードローンなどの低金利ローン。中には住宅ローンに匹敵するほどの低金利なサービスもあります。低金利ローンを利用するにはどうするのか。金利差はどんな影響があるのかまとめました。

カードローンの審査は銀行と消費者金融会社でどう違う? 急な出費に備えてカードローンを作っておくと安心です。どういった場合に審査に通りやすいのか、金利はどの程度が普通なのか、何故カードローンが必要なのかという事を中心に詳しく解説して行きます。また銀行が発行しているカードと消費者金融会社が発行しているカードの違いについても説明して行きます。

このページの先頭へ