一括返済と残高スライド、そしてリボ払いの違い

返済方法は選べます

キャッシングやローンを利用するとき、返済プランを選ぶことができます。クレジットカードを利用したときは返済回数を指定できますし、キャッシングでも一括かリボ払いかを選べるようになっています。

借りたものをちゃんと返済するなら、その方法は利用者自身に任せます、ということなのです。

一括払いは金融機関にメリットなし

クレジットカード利用時に限るのですが、一括払いは金融機関にとって直接的な利益にはなりません。金利収入もなければ、ポイント付与はしなければならないからです。

利用者の立場では、返済の意思を最も強く示していると言えます。ですが、利用状況をしっかり把握しなければ、請求月に大変です。

分割払いこそが本領

金融機関にとっては金利と手数料が収入ですから、ゆっくり返済するほど利益になります。ですが、利用者にとっても負担が少ないというメリットを享受出来ます。定額払いのリボ払いなら、利用額が増えても返済負担が増えないため、携帯料金感覚で利用できてしまいます。

完済するまで、金利負担もずっと続くのですが、それを感じにくくなります。

ただし、収入を超えては利用出来ません。収入の増え方にも限度があります。生涯収入で買えたはずのものは、全て現金払いするときより確実に減っているのだと知っておくべきでしょう。

数字でつぶさに見て損得を感じるか、日々の幸福感を大事にするか。返済方法を選ぶというのはそういう事でもあるのです。


このページの先頭へ